妊娠線 原因 改善策

妊娠線の原因と改善策はこれ!

妊娠をすると少しずつ乳房が大きくなったり、胎児が成長してくるのでお腹が大きくなってきます。
妊娠初期は悪阻などがあるため、あまり体重が増加しませんが、妊娠中期になると体調が良くなってくるので、食欲が出てきて急激に体重が増えると妊娠線の原因になってしまいます。
妊娠線出来やすい人は、痩せた人よりも太り気味の人のほうが皮下脂肪が厚いので、皮膚組織が伸びにくい傾向があります。
皮膚組織の伸びが悪いと、真皮に亀裂が入ってしまい妊娠線が出来やすいです。
体が硬い人に比べると、柔らかい人のほうが妊娠線が出来にくいです。
妊娠線は妊娠8ヶ月頃から見られるようになりますが、お肌が乾燥すると出来やすいので保湿を心掛ける必要があります。
妊娠線が出来てしまった時は、妊娠線を薄くする方法を知りたいという人が多いのではないでしょうか。
バスタイムは気分をリラックスできますし、温かいお湯に浸かることで新陳代謝を促す効果があります。
お腹や胸、おしりなどの妊娠線が目立つ部分を丁寧に、専用のマッサージクリームでマッサージして、入浴後はしっかりと保湿をしておくようにしましょう。
出来てしまった妊娠線を完全に消すのは難しいので、妊娠中は体重増加は8キロから10キロ以内に抑えるようにして下さい。