妊娠線ケア いつまで

妊娠線ケアはいつまでやれば良いの?

妊娠線ケアは、いつからいつまでやればよいのか?と疑問を持つ妊婦さんは少なくありませんよね。妊娠線が出来るメカニズムを考えてみると、いつまでお手入れを続けたほうが良いのかが良く分かりますが、私が妊婦の時にはそういった知識もなく、お手入れ方法も分からなかったものです。

 

妊娠線は肉割れと同じ症状で、皮膚が急激に引っ張られることによって内側の組織がついていけずにちぎれてしまうことが原因で起こるものです。妊娠中にはお腹が大きくなることで妊娠線と言うストレッチマークができますし、妊娠していない人でも急激に太ってお腹やお尻、太ももが大きくなれば、そこにストレッチマークができることもありますし、豊胸術などによって胸が急に大きくなれば、そこにストレッチマークができることもあります。これらはすべて同じ現象で起こる妊娠線と同じものですね。

 

妊娠線作らないことが大切です!妊娠線ケアは、お腹が少しずつ大きくなってくるころから始めると良いでしょう。もちろん、妊娠線ケア用のクリームには保湿成分などもたっぷり入っているので、妊娠する前から使っていても問題ありませんし、妊娠が分かってから使い始めても問題はありません。肌がトラブルを起こさないクリームなら、皮膚を通って胎児にマイナスの影響を与える心配もありませんから、妊娠初期の頃に使ってももちろんOKです。妊娠中と言っても、何か月ぐらいからお腹が目立ち始めるかは個人差がありますが、目安としては妊娠4ヶ月ぐらいからは使い始めていたほうが安心かもしれません。

 

妊娠線ケアをいつまですれば良いのかと言う点ですが、基本的には出産と同時にお腹が大きくなることはストップするので、そこで使用を辞めても問題ありません。ただし、出産後にはホルモンバランスが崩れて肌が乾燥しやすくなったりすることが多いですし、保湿のために使うという点では出産後にも使い続けているという人もたくさんいます。

 

いつからいつまでと期間を決めずに保湿クリームを使い続けることは、肌を保湿するという点で優秀なスキンケア法となります。