妊娠線 ノコア 楽天

妊娠線ができやすい人とできにくい人の違いって?

妊娠線は体質的にできやすい人とできづらい人が存在します。その中で妊娠線ができやすい人は皮下脂肪が元々多いタイプです。
皮下脂肪は伸び縮みしませんから、お腹が大きくなる断裂し、妊娠線がすぐにできてしまいます。
これは太った人が痩せたことでできる肉割れ線と同じ原理で、皮膚を支えるコラーゲン線維が足りないのです。
それから乾燥肌の方も潤いが足りないため妊娠線ができやすく、やはり皮膚を支えるコラーゲンが不足していること、さらにその隙間を埋めるヒアルロン酸も少ないのです。

 

それから妊娠線ができやすいのは肌が伸縮しづらく血行が元々悪い人です。
リンパの流れが悪い方も妊娠線ができづらいのですが、妊娠線ができるのはお腹が急激に大きくなるのに皮膚の伸長が間に合わないためです。
お腹が大きくなるとコラーゲン線維が断裂を起こし、妊娠線ができるのですが、血行がよければ必要な栄養素や潤いも補給されるのに対し、血行が悪い人はコラーゲンが補給しづらく妊娠線を助長するばかりです。
これは毒素を排出する役割を持ち、全身を駆け巡るリンパの流れも同じことです。

 

逆に妊娠線ができづらい人は肌に元々十分な潤いが備わっており、皮下組織が柔らかく伸縮性に飛んでいる人です。
またコラーゲンを作る能力が優れている人は妊娠線ができづらいです。
ただし、上記の条件に当てはまる人でも双子を妊娠している人は妊娠線ができやすいです。
というのも双子以上を妊娠した場合、お腹は1人だけ妊娠している人よりもずっと大きくなりますから、皮膚に弾力性があってもおなかの成長に皮膚の伸長が間に合わないのです。

 

妊娠線 消すのは難しいので、妊娠線は作らないことが大切です!

 

妊娠線を作りたくない人は妊娠線ができないよう保湿を十分にする、妊娠線予防クリームを使うなど工夫しましょう。