ノコアは効果なし?その真相は?

ノコアは効果なし?その真相は?

お腹に、赤や紫、白色の線が無数にできてしまうことがある妊娠線は、妊娠して大きくなっていくお腹に肌の伸縮性が追い付かず、ひび割れのようにできてしまう物で、妊娠した女性のお腹にできてしまうので、妊娠線と呼ばれています。肌が乾燥していると、肌の柔軟性が低下して、できやすくなる傾向があるため、妊娠線を作らないように予防したい時には、保湿力の高いクリームなどをおなかに塗ることが効果的です。

 

妊娠線を作らないための予防のための専用クリームとして有名なノコアクリームは、効果なしという噂を検証してみると、ノコアクリームを塗っても、妊娠線ができてしまうことがあるということのようですが、ケアをしている場合と、ケアしていない場合を比べると、きちんとクリームをつけてケアしている肌の方が柔らかく、妊娠線ができにくくなることを実感していることが多く、真相は、効果あり、ということが分かりました。

 

妊娠線をできるだけ作らないように予防する有効な方法として、専門家が推奨しているのは保湿で、肌が乾燥していると、肌の弾力や柔軟性が衰えてしまうため、おなかが大きくなっていくことに肌の伸びが追い付かず、避けるように割れ目ができてしまいますが、肌が水分や油分を適度に含み、柔らかさを保っていると、少しずつ皮膚が伸びていくことができるそうです。

 

保湿は、妊娠線を作らないために有効な方法ですが、できてしまった場合にも効果的で、割れ目がさらに大きくなったり、長くなってしまったりすることを防いだり、増えてしまうことを防ぐ効果が期待できます。出産後に、肌が元に戻るときにも、保湿しておくと、肌の柔軟性が高まり、スムーズにお腹の大きさに肌がフィットして行く効果が期待できると、リピーターが多いことが特徴です。

 

クリームをしっかりつけて、保湿を心がけることは腕や太もも、お尻などにできやすい肉割れにも効果的と言われています。肌をしっとりとさせることで、太ったり、筋肉がついたりして太さが増しても肉割れができにくい柔軟性のある肌になったり、ダイエットをして痩せたときに、肌の伸縮性を増し、体の変化に合わせて肌が自己修復力を発揮しやすく導くので、たるんで肉割れが目立つことを防ぐことができます。

 

また、肌表面がふっくらとして、ハリが出てくるため、肉割れが目立ちにくくなるというメリットも見逃せません。続けて使うと、肌がしっとりとして、でこぼこが目立ちにくくなるので、できてしまった肉割れをなおすことはできませんが、限りなく目立ちにくくする効果が期待できる、というわけです。