ノコアを使った妊娠線ケアはどうやってやると良いの?

ノコアを使った妊娠線ケアはどうやってやると良いの?

待望の妊娠をして、毎日大きくなっていくお腹に幸せを感じる妊婦さんの悩みと言えば、妊娠線です。おなかが大きくなることに皮膚が追い付かず、ひびわれてできてお腹に、紫や赤、白いひび割れが無数にできてしまってだんだん目立つようになってきます。臨月の頃には、おなかがぱちんとはじけそうなくらいになる人も多く、妊娠線がある人は、とても目立つようになります。出産後、おなかが元に戻っても、おなかのひび割れが元通りになることはないので、しぼんで肌にハリがなく、ひび割れした肌がたるんでしまい、妊娠前のハリがなく、ひび割れがとても目立つようになってしまうことが特徴です。

 

妊娠線を作らないためには、保湿をして肌の弾力や伸縮性を高めることがとても大切です。乾燥した肌は、伸縮性に乏しいため、おなかが大きくなっても伸びることができませんが、しっとりとうるおいがある肌なら、おなかが大きくなっていっても、肌が伸びやすく、妊娠線を作らないように予防することができるのです。妊娠線を作らないように予防するクリームとして大変人気があるのがノコアです。白く柔らかいクリームで、肌になめらかに馴染んで、肌が柔らかくなることが実感できると大変人気があります。妊娠線ケアをする時には、クリームを手に取って、優しく肌に塗るだけなので、使い方はとても簡単です。

 

妊娠線を作らないために、さらに効果的な予防をしたいという人には、ノコアのオイルとクリームを組み合わせて使うことがおすすめです。オイルで肌に油分を与えることで、肌が柔らかくなり乾燥しにくくなります。クリームと組み合わせて使うことで、保湿効果が高まり、つやのある柔らかな肌になることが実感でき、より高い効果を期待することができるので大変人気があるのです。お風呂上がりに肌が水分を含んでいる時に、オイルとクリームをつけることがおすすめです。

 

できてしまった妊娠線にも、効果的なことも人気の理由です。妊娠線ができてしまったからと言って、諦めてしまうと、さらに多くの線ができてしまったり、できた線が長くなったり、広がったりしまいますが、保湿をしっかりとしているなめらかな肌なら、肌に伸縮性があるので、ひび割れが広がることを防ぐことができます。また、出産後に、おなかが小さくなったときにも、塗るだけで、肌の伸縮を助け、肌がふっくらとするため、ひび割れが目立ちにくい、なめらかな肌に導くことも、使い続けている人が多い理由です。