妊娠線ができたらすぐに対応しよう !

妊娠線ができたらすぐに対応しよう !

妊娠線ができたらすぐに対応しよう
妊娠線ができたら心配される方はたくさんいらっしゃいます。
例えば、ぽつぽつと線ができて広がっていくので、どこまで広がるか、また出産後元に戻るか心配になると思います。
妊娠線は中々消えることがありません。
実際手をかけずに放置していれば目立ってしまいます。
水着や服装を着るときに、妊娠線ショックを受けるかもしれません。
ですから、妊娠線前兆を事前に知っておいて、予防法と対策を考えましょう。
そもそも妊娠線とは、急激な体重の増加で真皮や皮下組織の一部が膨らんで断裂してみえるものをいいます。
ですから、妊娠線が伸びきってからでは手遅れになります。
具体的には、お腹が出始める妊娠5か月くらいから対応することが望ましく、特に妊娠線前兆はかゆみと言われていますので、かゆみを感じたら保湿ケアをすることが大切です。
ケアとしてはクリームやオイルが良く、表面で水分を逃がさないものを使いましょう。
また、美容成分のマリンコラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸が含有されているものを使うとなお良いです。
このように、妊娠線前兆を感じたらすぐに対応しましょう。
クリームを塗るときに、ただ単に塗るだけでなくマッサージを行うと更に効果が期待できます。